本文へジャンプ

神奈川県立病院機構のシンボルマーク

神奈川県立病院機構シンボルマーク

シンボルマークの意味

神奈川県の「K」をメインモチーフに、水色と青は雄大な神奈川県の空と海を、緑は箱根や丹沢に広がる美しい山々とそこに吹く気持ちの良い風を、そして、赤は医療にかかわる人々の強い意志と暖かい心を表現しており、マーク全体で生き生きと神奈川県に暮らす人々の姿を表現しています。神奈川県の豊かな自然の恵みをうけて、県の人々に元気に生活を送ってほしいという願いをこめられています。

本文ここで終了