トピックス

神奈川県立がんセンターとベトナム・ダナンがん病院との相互交流について(日本語)

(お知らせ)


 このたび、神奈川県立がんセンターとベトナムのダナンがん病院との相互交流を始めることとなりました。2014年7月24日に、黒岩祐治神奈川県知事が立会い、両病院長の間で覚書を取り交わしました。


 ダナンがん病院は、昨年開院したばかりです。病床数が500床、診療科は20あります。日本からの援助もあり、最先端の診療機器(MRI、CTスキャン、リニアックなど)を有しています。治療のレベルをあげるために、医師や看護師などの人材育成が必要とされています。


 そこで、神奈川県立がんセンターが専門研修に協力することになりました。神奈川県立がんセンターは、病床数は415床、28の診療科を持ち、最新の画像診断設備、放射線治療設備があります。手術、化学療法、および、放射線治療のがん医療の専門家がそろっています。2015年には重粒子線の治療を開始する予定です。


 ダナンがん病院の医師、看護師、医療技術者が、神奈川県立がんセンターで約1年の間、研修を受ける予定です。
 また、神奈川県立がんセンターの医師、看護師、医療技術者がダナン病院に赴き、医療技術の指導を行うことを計画しています。


 この相互交流によって友好関係が深まり、双方が発展することを願っています。


2014年7月
神奈川県立病院機構 理事長 土屋了介