トピックス

「地方独立行政法人神奈川県立病院機構における報告・公表の取扱い」の策定について

神奈川県立病院機構では、各病院において、院内感染や医療事故等が発生した場合に、病院と機構本部とが速やかに情報を共有し、リスクへの対処を始め、必要な対応を図ることが大変重要です。
同時に、できるだけ早く正確な情報を患者・家族はもとより、県民の方々に提供することも、県立病院の責務であり、こうした対応によって、安全・安心な医療の提供という県立病院の役割を果たし、もって県民の期待に応えていく必要があります。
併せて、県立病院が広く県民の方々に対して医療提供や各種サービスを提供する場合においても、積極的に情報を発信することは、県民の健康維持・増進に大いに寄与するものと考えられます。
これらのことを踏まえ、このたび、いろいろな場面を想定した県立病院機構における報告・公表の取扱いを策定しました。
今後はこの取扱いに基づき、県民の皆様に、迅速かつ幅広い情報を積極的に提供してまいります。

令和3年7月27日
地方独立行政法人神奈川県立病院機構
理事長 吉川 伸治